FC2ブログ

日本建築その3

  • 2008/09/15(月) 12:53:07

こんにちは。だいぶんご無沙汰してしまいました。

今日は、日本建築その3と言うことで寺院について。

6世紀半ばの仏教伝来によって、日本の寺院建築の歴史はスタートします。

仏教は、瞬く間に広がり、天皇家をも巻き込み国家承認の宗教になります。

そしてさまざまな宗派ができ、寺院建築・伽藍も多様化してきます。

伽藍とは、建物の配置の仕方を言います。「一塔三金堂」→「一塔一金堂」→「二塔一金堂」と

変化していきます。ただ、焼失・再建・増築と繰り返し行われてきた寺院では、伽藍配置から

理解するには、少々難しいようです。

では、寺院特有の構造を見てみます。

寺院建築は、江戸時代に入るまで、ほとんど釘を使わない独自の工法で作られてきました。

地震大国日本に対応した独自の工法を生み出してきたのです。

その最大の特徴が、梁と柱の接合部分の「組物」です。材を複雑に組み合わせることにより

大きな屋根を支え堅牢さを維持しています。その方法も意匠的で優美な「和様」、ほかには

「大仏様」・「禅宗様」とあります。ほかにも精巧な彫り物、「塔」や「鐘楼」、種類の多い「門」なども

日本寺院建築の特徴です。お寺に行く機会があれば、意識して見てみるとその種類の多さに

驚かれるでしょう。

では、次回は住宅についてです。

六匠構築のホームページも是非ご覧ください  http://www.rokushou.com

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する