スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震診断に補助金が出ますよ。

  • 2011/05/16(月) 10:12:32

よろしければ、人気ブログ投票に、ご協力ください~。
下の二つのボタンをクリックしてくださいね。

人気ブログランキングへ →人気ブログのランキング投票ボタンです。


是非、クリックしてください →住まいブログのランキング投票ボタンです。

こんにちは。

昨日は、さわやかな日曜日でしたね。

私は、子供と近くの公園の池で魚とりをしてきました。

あみで魚を追っかけていると、

向こうの方で、嫁さんがなにか叫んでいるので行ってみると・・・

生まれたてのような、小さな小さな亀がぷかぷかと浮いていました。

息子は、大喜びで、そのあとも魚やらあめんぼやらを追いかけて

楽しみました。

さて、そんな話は、さておき本題です。

大阪市や各市では、耐震診断の補助金が出るのをご存知でしょうか?

見積もり金額の9割の補助がでます。もちろん、上限がありますが。

でも、この制度を利用しない手はありません。

大阪の場合、心配されるのは、

南海地震(海溝型)と上町断層帯地震等の直下型地震です。

南海地震は、50年で90%、30年で60%程度の地震発生確率です。

90年~150年に一度程度の地震を想定してのものです。

しかし、東海・東南海地震と連動してM9以上になる可能性もあります。

さらに、上町断層帯地震では、大阪府の全域が震度6強・7と予想されております。

この地震が問題なのは、1.1~3.5回程度既にきていないといけない地震なのです。

また、南海地震よって誘発の可能性もあります。

地震は、突然やってくるかもしれませんし、来ないかもしれません。

あくまで、過去の地震発生の周期的な判断です。

でも、地震は発生してからでは、遅いのです。

今、各市が補助を出し、耐震診断を進めてくれています。

各条件は、あります。昭和56年より前の建物に限られています。

それ以降は、建築基準が改正し耐震基準も上がっているからです。

昭和56年以前の建物は、大地震を想定されていないということです。

予想される大地震に耐えることが難しいという予想なのです。

対象になっている建物に住んでおられる方は、ぜひ制度を利用し

まず、家の弱点から知ってください。まずは、そこからがスタートだと思います。

弊社では、補助金制度をご利用いただいた場合、

5000円で診断させていただいております。

関心のあるかたは、ぜひこちらまでご一報ください。

e-mail:info@rokushou.com




では、建築のことならなんでもご相談くださいね。


私たち六匠構築がお手伝いします。

ホームページも見てみてくださいね。

ホームページへは、こちらへ

blogrokushou.gif

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。