FC2ブログ

省エネ住宅について

  • 2017/09/20(水) 14:53:34

こんにちは。

今日は、省エネ住宅についてです。

省エネ住宅を考えるには、

1次エネルギー(薪・木炭、石炭・石油・天然ガス等)の消費量削減が基本となってきます。

そのためには、省エネ型のトイレやお風呂を使ったり、より断熱性の高い外壁や断熱材を使用したりと

1次エネルギーを削減していきます。

性能評価や次世代省エネ基準をクリアする長期優良住宅など、最近の建物は、省エネと切り離せなくなっています。

これから政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅(ライフサイクル・カーボンマイナス住宅)を最終目標に、

低炭素住宅化を進めていきます。

以下に、省エネ住宅の種類をご説明しておきますね。

一次エネルギー消費量が-2013年改正省エネ基準10%のものが認定低炭素住宅。

創るエネルギー量が消費エネルギー量よりも大きいか、おおむね同じ量となることをめざした住宅を ZEH(ゼッチ)

建設から廃棄までの一生涯のCO2収支をマイナスにする住宅をLCCM住宅

となります。

2020年には、300m2以下の新築も「2013年改正省エネ基準」が原則義務化され、新築戸建の50%がZEHとなります。

とは言うものの、現在の状況では、やはりコストも上がってしまいます。

すごく快適な家になることは間違いないのですけどね。

今後、流通が多くなり、当たり前のように省エネ住宅が建てられるとまた、状況も変わってくとは思います。

それまでは、補助金制度などもありますし、予算に応じて省エネを取り入れて行けばよいと思います。

是非、これからお家を建てる予定のある方は、設計事務所や工務店の方に一度ご相談しみてくださいね。



建築のことなら、なんでもご相談ください。
私たち六匠構築がお手伝いします。
ホームページは、こちら。
blogrokushou.gif

最後まで読んでくださってありがとうございます!!
ブログランキングにご協力ください~。下の二つのボタンをクリックしてください~。










人気ブログランキングへ →人気ブログのランキング投票ボタンです。
是非、クリックしてください →住まいブログのランキング投票ボタンです。

スポンサーサイト